カードローンでたくさんのお金を借りるには、限度額を増枠してもらうことが大切です。
利用限度額は消費者金融や銀行などによって違いがあり、500万円のところもあれば、1000万円までの上限が設定されているところもあります。
基本的に1000万円という大口の融資ができるところは銀行系で、初回登録時ではまず設定されることはありません。
誰でも初対面の人に1000万円もお金を融資するような人はいないと思いますが、それと同様にカードローン各社も制限をかけるようになっています。
初めて利用する人は収入証明書の提出が不要な10~50万円の範囲で設定され、その後に利用実績が積み上がっていくと、契約先から増枠の案内がされるようになります。
利用実績とは1度だけの借入ではなく、何度も繰り返し借入を行い、その都度完済することで積み上がっていくようになります。
つまり、お互いに契約内容に違反しない範囲で何度も利用することが重要となります。
銀行系のカードローンは総量規制の対象外となるため、長期的な利用実績があれば、よほど低収入でない限りは1000万円の増枠も不可能ではありません。
上限まで限度額が上がれば利息も最低金利で対応してもらえるので、余裕があれば狙ってみるのも良いかもしれません。